避妊薬のメリアンで生理を早める事は可能

メリアンは避妊薬ピルの1つです。
21日間服用を続ける事によって、排卵を抑え避妊の効果を発揮します。

女性は卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2つの女性ホルモンの量が変化する事によって、排卵したり生理が起こるようになっています。
メリアンをはじめとするピルには、人工的に作られた卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれており、服用する事によって排卵をストップするのです。
排卵しなければ妊娠する事も無い為、正しく服用する事によってほぼ100%、避妊の効果を得られます。

ただ、ピルを服用すると副作用が出るという、イメージを持っている方も多く、なかなか利用に繋がっていないようです。
ピルには高用量・中用量・低用量とあり、メリアンの場合超低用量ピルとなっています。
高用量ピルよりはるかに、含まれている女性ホルモンの数値が低い為、副作用の心配はほとんどありません。

メリアンは避妊目的としてだけでなく、生理を早めるといった月経調整もできる薬ですので、女性を大きくサポートしてくれます。
試験や旅行などの日程の時に、生理日が重なってしまうという場合に、生理を早める事で生理の煩わしさを解消できます。

生理を早める為には、生理が始まってから5日目までの間にピルを飲み始め、早めたい日まで飲み続けるのみです。
ピルの服用をストップして、2日から3日ほどで生理が始まります。

あらかじめ、試験や旅行の日程は決まっていますので、事前にピルを服用して生理をコントロールしてみましょう。
生理を早める事ができれば当然、遅くする事も可能です。
生理予定日の5日前から飲み始め、生理を避けたい日まで1日1錠飲み続けます。

他にも色々な服用方法があるので、医師に相談してみましょう。