避妊薬ピルは月経前症候群の外用薬としても使われている

高い確率で避妊ができる、経口避妊薬であるピルは、毎月訪れる生理における様々な不快な症状を緩和させてくれる効能が得られるので、婦人科で治療の一環として、外用薬で処方されることもあるようです。女性に取って、生理は切っても切れないもので、十代前半で初潮を迎えて以来閉経が来るまで、妊娠や授乳によって止まる時期はあるものの、それ以外には、ずっと背負っていかなければならない習慣でもあります。生理は非常に個人差が大きいもので、周期や期間、経血量や生理痛の有無、月経前症候群の有無など、同じ母親から生まれた姉妹であっても、一人一人が皆違うもので、普段と変わりなく過ごせる体質の方もいれば、寝込んでしまうほどつらい症状に悩まされている方など多種多様です。特に月経前症候群に悩まされている女性は多く、生理前になるとイライラや気分の落ち込みが激しく、突然涙が止まらなくなるなど、日常生活にも支障をきたしてしまっているほど症状がきつい方もおり、これでは生活を送ることも大変なので、避妊薬であるピルといった外用薬を使って治療を行います。ピルには女性ホルモンが含まれており、微妙に配分がコントロールされているので、女性の揺らぎやすいホルモンバランスを整える効果が高く、月経前症候群もかなり緩和できると言われています。生理前に起きる、自分ではコントロールできない感情の起伏が原因で、仕事を失ってしまったり、家庭が崩壊してしまっている女性も多く、理由がわからず、一人で苦しんでいる方も少なくないようです。生理に伴う様々な症状は、婦人科を受診し、適切な治療を受ければ、外用薬の服用だけで治せることが多いので、どんな些細なことでも思いきって相談して見ましょう。